わたしの記録

わりと明るいシングルマザーの看護師

つづき

そう、全てを放り投げて逃げたわたし。

 

たまっていた有給を消化しました。

 

なるべく仕事でおこった難しいことは考えぬように。

 

好きな歌をいっぱい聞いた

映画をたくさん観た。

 

こんなにゆっくりと過ごしたのは久しぶりです。

 

9年前に息子を出産してから、育児と仕事に突っ走ってきました。

 

疲れていたんですよ、身体も心も頭も。

 

誰かが肩をポンって叩いてくれて、

休んでいいよ

自分に優しくしてあげなさいっ

て言ってくれた  (夢の中で笑)

 

あの時無理をして仕事を続けていたら、

間違いなくわたしの精神は崩壊していたでしょう。

 

1ヶ月お休みしたことで、元気になりました。

 

自分自身のことをよく理解できた感じがします。

 

わたしは自分のことをわからないまま操縦し、墜落寸前のところて取り扱い説明書をゲット。

ここから修正できそうです。

 

看護師としてまた働きたいという意欲がでてきました。

 

わたしにはこの仕事しかないですから。

 

新しい職場を探そう

見学に行こー

 

ドン底のときに助けてくれた人

ありがとう

 

いつか、どこかで。



光実