わたしの記録

わりと明るいシングルマザーの看護師

ハッピーな洗車

仕事でミスをしそうになり上司にこっぴどく叱られた。

 

「違うだろーーっ

       このハゲーーー(怒)」

 

とは言われませでしたが、へこみますね。

 

自分の不注意が悪いので叱られて当然だし、上司のおかげでミスに気づけたので、反省しています。

 

いや、怒られたから凹んでるんじゃなくて、不注意な自分に対しての落ち込みですよ。

 

 

帰宅途中、いつものガソリンスタンドに寄りました。

 

いつものおじちゃんが、いつものように話しかけてきて、

 

わたし、よっぽど酷い表情だったのか知らんが

 

おじちゃんが、「元気ないねー、どうしたの!もー、洗車サービスしてあげるから待ってなさい」て。

 

最後くらい手伝った。

一緒に車拭きながら笑い話。

車をピカピカにしてくれた。

 

「元気でた?」て、

 

出たに決まってるし、穏やかな気持ちになりました。

 

 

たった一つのミスや失敗が命に関わる事故に繋がることがある。

 

失敗は成功のもと、なんて言ってられない。

 

失敗すれば最悪死に至る。それで終わり。

 

 

もうずっと、この緊張感の中にいる。

 

 

 

いや、これからビール飲みますがね。

 

 

光実